湯浅誠氏講演会&フォーラム報告

遅くなって申し訳ありません。

でも報告しないよりしたほうがいいと思い、3月2日有楽町朝日マリオンで開催された「湯浅誠氏講演&フォーラム」を公聴した感想をご報告させていただきます。

ここに来て格差社会が進行していますが、それは単に貧困層が増加しているということではなく、その貧困とは、お金の問題だけではなく一人個人の周りに誰もいなくなってしまうそういう状態のことを言っているそうです。何らかのきっかけで収入がなくなる。また孤立してしまう。競争社会の中で気が付くと周りに誰もいなくなってしまう。それが貧困です。子供も、子供を育てる母親も、働く父親も、大人も、高齢者も、気が付くと周りに誰もいなくなって孤立している。それでいろんな問題が起きる。貧困でなくとも、孤立だけでも問題は起きる。貧困と孤立が重なっていると更に不幸は大きい。ホームレス問題、マクドナルド難民、漂流老人、虐待の問題、そして自殺。ところが、孤立をあえて求める人間もいる。若い人がひきこもる例。いまや壮年でもひきこもっている方も多い。集団で閉じた生活を送る場合もあるかもしれない。

そこで大切なことは、「縁」を作ることということでした。社会的な言葉でいえばセーフティネットということでしょうか。個人でも縁を大切にしていく生き方が重要になっている。家族の縁、地縁、会社の縁は希薄になる一方みたいです。社会の仕組み作りの重要性とともに、個人として縁を大切にしていく生き方が求められていると思いました。

世界には貧乏=不幸ではない社会があるということです。日本は、貧乏=貧困・孤立=不幸という状況です。

私たち風&コットンは、障害があっても貧乏でも幸せになることを目標にしています。

土屋秀則(風&コットン)

 


カフェのページ公開しました。
美味しいコーヒーご用意してお待ちしております。


お待たせいたしました。
コットンハウスのページ公開しました。
どうぞよろしくお願いいたします。


コットンハウス、フレンズの設立当初からの理事である可山優零さんが昨年上梓された『続・冥冥なる人間』(川島書店)について紹介させて頂きます。

30年前の事故で頸椎を受傷し全身麻痺という障害を負った可山さんは、前著に続いて、現代社会が失いつつある、または多くの人が失ってしまった「幸福を感じ取る力」を、魂の遍歴を通して思索を深め探求し、これを口述で書き綴っています。

可山さんの遍歴のターニングポイントは、リハビリを断念させられ、重度障害者施設に入所するしかなかった時にあったようです。可山さんは、差別・抑圧・虐待がまかり通り、糞尿の匂いに満ちた劣悪な環境であった施設で、同室者と共に考えました。「重度障害者施設の入所者は、人間としての生活の質を享受しながら生きなければならない。それは入所者のだけの為にではなく、健常者の為に、強者の為に、でもある。人間の未来の為に、未来の人間の為に、である」と。可山さんは、その考えを実践することを、何モノかが自身に与えた使命として考えました。

以来9年の歳月をかけたのち可山さんは、地域自立生活の道を歩き出しました。その遍歴の記録を是非読んでいただきたいのです。その遍歴とは、言わばただ当たり前の幸福に至ったというだけのものなのですが、可山さんが見せてくれたその当たり前の幸福というものが、現代社会においていかに稀なものになってしまったのかということを健常者(?)である私は思い知らされました。

そして、人間はどこへ行こうとしているのか、と深く考えさせられました。可山優零さんは、冒頭で下記のように述べています。

「土壌に撒かれた一粒の米は、適正な水や養分を得られれば、1500粒に増殖する。敬意を払う実践をする成熟した人間は、物を媒介とした人間関係ではなく、目には見えない温もりで繋がる人間関係を作っていく。彼らが多くなると増殖された『愛と優しさ』が社会に融和し、価値に新風が吹き込まれ、誰もが、最期まで、人間らしく生きていける人間尊重の価値観が創造されるのであろう」と。

 

可山優零著『続・冥冥なる人間』を購読ご希望の方は、

訪問看護ステーション風 042-319-1051 か、

川島書店        03-3365-0141 まで

Amazonや楽天のインターネット販売でも購入できます。

by土屋秀則(風&コットン)

 


一つとっても興味を持っている“講演&フォーラム”のお知らせをさせていただきます。

平成25年3月2日(土)10:15~16:00

会場は、有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)  参加費は無料

講演は午前中で、講師は湯浅誠さん (反貧困ネットワーク事務局長、もやい理事)です。

テーマは、「貧困、民主主義、メンタルヘルス」ということだそうです。

また、午後からフォーラムが開催され、テーマは、「格差社会とメンタルヘルス」というものになっています。

昨今貧困が本当に身近なものになってしまいました。障害者の多くは、貧困と無縁ではありません。

また貧困からのストレスは、メンタルヘルスに強く影響します。貧困は世代間連鎖をするようでもあります。

わたくし土屋秀則(風&コットン)には、この問題は、是非今考えてみたいテーマとなっています。

※ お問い合わせは、財団法人日本精神衛生会     (http://www.jamh.gr.jp/gyouji.html

from訪問看護ステーション風 土屋秀則